リース活用のメリット

富士通リースならではのサポート力で
最適なファイナンシャルソリューションを
提供します

管理事務の合理化
固定資産税の申告、保険契約等は当社が行いますので、煩わしい事務処理から解放されます。
陳腐化リスクの軽減
リース期間を法定耐用年数より短くできますので、機械設備の陳腐化リスクを軽減し、技術革新に備えることができます。
物件導入時の資金調達不要
設備投資をする際、購入すれば一度に多額の資金が必要になりますが、リースなら少ない資金で導入できます。また、留保された資金を他の投資の計画に利用することもできます。
資金調達手段の多様化
リースで設備を導入すれば金融機関等からの設備資金の調達は不要です。しかも100%の融資を受けたのと同じ効果があります。お客様は実際には銀行借入を行っていないので、借入枠が温存される効果もあります。
コスト把握が容易
購入した場合、コストの把握には通常、面倒な減価償却費・支払利子・固定資産税・動産総合保険料の計算および配賦が必要ですが、リースの場合、コストは月々のリース料だけですので、設備投資に関わるコストの把握がとても容易にできます。
資源循環型社会の実現
リース終了後の物件につきましては、当社が指定する場所にご返却いただき、再利用・リサイクルの推進に努めています。また、廃棄処分を要するものにつきましては、廃棄物処理法など環境関連法制に則った処理を行い、お客様と共に資源循環型社会の実現に貢献します。
保守代理回収による事務工数削減
富士通製品のリースにおきましては富士通グループのリース会社である当社が保守料金を代理で回収しますので、支払窓口の一本化や回収事務の工数削減が図れます。